読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納豆が食べたい

映画とかアメコミとかゲームとかの感想をダラダラ書く

映画の話でも

お久しぶりです。前回の記事を書いてから今日で約1ヶ月が経過してしまいました。観た映画や読んだコミックについて書こう書こうと思っていたら、はてな運営から「お前1ヶ月も更新してないからそろそろ更新しろや」的な内容のメールが送られてきてしまったのでようやく重い腰を上げた次第です。

で、肝心の内容なんですがみなさん「ひるね姫」ご存知でしょうか。

 f:id:udonspirit6:20170313083120p:image

「え、お前こんなリア充が観るような映画観るの?」って思った方が大半だと思いますが黙って聞いてください。

先日偶々この映画の試写会に行く機会がありまして、フォロワーさんを伴って観に行ってきました。正直試写会のチケットを貰った瞬間に「「君の名は」臭が凄い」と思ってしまい全く行く気がなかったのですが、監督が攻殻機動隊の方だったらしく折角だからと行くことにしました。

肝心の感想ですが、ぶっちゃけ宣伝の仕方間違えてる映画だなと。これパシフィック・リムです。途中にトランスフォーマーの如き変形を駆使して登場するキャラも出てくるし、なにより「お前絶対「私はベイマックス、あなたの健康を守ります。」とか言ってくるだろ」と思わざるを得ないビジュアルのキャラクターも出てくるわで面白かったです。あまり深く書くとネタバレになってしまうので書けませんが、予告やポスター間に受けて観に行くと面食らうタイプの映画。そのおかげか公開5日前にも関わらず、レビューサイトで☆3.1の評価を付けられてました。ちなみにアメコミ界に波乱を巻き起こし、ラジー賞を見事受賞した某ジャスティスの誕生が☆3.2ということから考えて結構なことではないでしょうか。

 

試写会の会場にも年齢差こそあれど女性客が大半であり、我々のように本編よりもキングコングの予告で盛り上がるような男性客はあまり見られなかったので多分前述したように、「予告やポスターから某大作映画をイメージして観に来たら途中からパシフィック・リムを観せられた」という感じだったのでは。自分の隣の席には小学校低学年くらいの女の子が座っていたのですが、終始暇そうにしてましたし。

 

f:id:udonspirit6:20170313090047p:imagef:id:udonspirit6:20170313090056p:image

 イメージ(左)、実際(右)

 

正直夢要素いるか?とか後半が微妙に理解しづらかったなとかぼちぼち思いつつも映画としては面白かったです。主人公の声を担当してるのはタレントさんらしいのですが、そこまで酷くはなかったかな?ってところ。タレント吹き替えだから観る気が失せるなーとか思ってる方にも是非パシリム要素を味わってほしいところです。僕は恥ずかしながら攻殻機動隊を観ようとしていきなり最終作を借りてきてしまうくらい神山監督について無知なのですが、同行した方によれば「いつもの神山監督と言えば伝わる」そうです。

ここまで書いてさらに1週間放ったらかしてました。もう公開始まってるみたいですが、是非劇場でご覧になってくださいな。